なにがし

写真が多いかも。と思ったら、パソコン・スマホとかデシタルネタばっか。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

MacBook AirをBlenderのレンダリングサーバーに。 

2015/01/21
Wed. 20:07

なにがし Blender備忘録 寝てる間にレンダリング。

この記事に書いてあるようなスクリプトを使わなくても上の記事に書いたアドオンでもっと便利にできます。
(2015/12/26追記)



「バカな!!第三軍は神速の機動攻撃を旨とする装甲集団だぞ。
このような拠点防衛には最も不向きな兵種をムザムザと!」 (「風の谷のナウシカ」より)

......MacBook AirをBlenderのレンダリングサーバーとして利用しようとしています。

メインのWindows機の方がレンダリングは早いんですが、
「寝てる間に最高画質でレンダリングした画像をdropboxに突っ込んでおこう」という使い方はうるさいし、寝てる方もなんか落ち着かないのでできません。

そこでMacBook Airです。
スピンドルレスで静かです。
ディスプレイを閉じれば明るさも抑えられます。
メイン機からファイルサーバーにblendファイルなど一式をいれて
それをレンダリングさせるつもりです。

問題が2つ。

  1. blendファイル内のテクスチャファイルのパス。

  2. MacBook Airのスリープ。



解決策が2つ。

  1. blenderの設定でファイルのパスを相対パスにする

  2. NoSleepなどのフリーソフトでスリープしないようにする



で、シェルスクリプトを書きました。私の環境による部分はわかりやすさとプライバシーを考慮して説明っぽくなってます。

---ここから---
#!/bin/sh
NoSleepCtrl -s 1
open smb://(ファイルサーバー)/(共有)
/Applications/(Blenderの格納先)/blender.app/contents/MacOS/blender -b (blendファイルのフルパス).blend -o /Users/(Dropboxの同期フォルダ)/Dropbox/(出力させたい画像のファイル名を拡張子抜きで) -F PNG(保存する画像の形式) -x 1 -f 1
NoSleepCtrl -s 0
---ここまで---

NoSleepCtrlというのは上記のフリーソフトNoSleepのコマンドラインツールです。

openというのはファイルサーバーへ接続するコマンドです。

blender.appという圧縮ファイルの中にそれ以下のファイルが格納されているイメージです。私は基本的にWindowsユーザで、このMacBook Airが初めてのMacだったりするのでこの部分が最も大変でした。

そんな感じでレンダリングさせました。
いちおうレンダリング画像がDropBoxに同期されて会社でスマホから確認できました。

ただ、Blenderの不具合なのか何なのかわかりませんが、
複数あるテクスチャのうち一つだけどうしても
絶対パスで記録されてしまうファイルがあって、
そこだけうまく行きませんでした。
↑ファイル一式がリモートのサーバにあると駄目な感じ。
Mac本体のローカルに持ってくるといいような。(2/21追記)


それ以外は順調に行きましたので次回作ではもっと活用していきたいです。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2019-01

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。